環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログ

環境マネジメントシステムに関する教育研修を実施しました。

川中島建設では、2018年6月26日(火)9時から本社4F会議室において、ISO14001環境マネジメントシステムの年間研修計画に基づいた、順守義務及び緊急事態対応に関する研修を開催しました。

 

 

1

(研修模様1)

 

 

当日は14名の参加で、改革改善部中村部長より環境法規制及びオイル・乳剤の自然災害での流出に関する緊急事態への対応について説明があり、説明後にISO要求事項である、研修の有効性を評価するために理解度測定を実施しました。

 

 

2

(研修模様2)

 

 

測定方法は○☓問題20問中14問以上を合格とし、全員合格しました。

 

 

3

(なかなか難しい成果測定問題でした)

 

 

このような力量向上の取り組みやシステムの活用により、環境に配慮した事業活動を継続していく所存です。

今年も長野工業高校で出前授業を開催しました。

晴れ渡った6月25日、長野工業高校のグランドには作業服に着替えた生徒が、長野建設業協会長野支部に所属する各社の現場代理人と共にカケヤやノコギリを使う姿があった。現場代理人の方々からは「杭をまっすぐ打ち込め」「手を切るな」など注意する一方、「勾配は、こうやって確認するんだ」「見通して通りが揃っているか最後に確認して」など丁張(構造物を作る基準となる)設置のコツなどを教授した。

 

 

1

(実習の様子)

 

 

2

(終了時の生徒代表挨拶)

 

 

弊社からは、大方良弘課長補佐が参加し、丁張設置の指導に当たった。

指導にあたって「杭を持ってきて、といったら貫き板を持ってきた」「丁張の持つ意味をもっと理解できていればよかった」との感想で、自社の新入社員教育にも生かせる体験を積んだ、とのことです。

 

花いっぱい運動でマリーゴールド、サルビアを植えました。

6月は全国花いっぱい運動が各地で開催されます。毎年この時期に併せて、長野県建設業協会では子供たちが育てた花ポットを購入し希望する各社に配布、花壇に植えて運動に協力しています。

川中島建設でも、先週末20ポットの苗を頂きましたので、道路に面した花壇に移植しました。植込みのツツジのピンクが終わるとマリーゴールドの黄色やサルビアの赤の花が成長に伴って映えることと思います。枯らさないためにも乾燥した日には水やりをお願いします。

 

 

1

(頂いたマリーゴールドとサルビアの苗)

 

 

2

(北側入口の花壇に植えました)

 

 

川中島建設では、今後もこの種の行事に併せて明るい地域づくりに協力していきます。

環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログトップ
  • 最近の記事
  • カテゴリ別に見る
  • 月別に見る
  • カレンダー
    2018年6月
    « 4月   7月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
環境にやさしい土木工事を目指した 川中島建設のブログ
コムシスホールディングス株式会社
TOSYS