環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログ

「秋の全国交通安全運動」街頭啓発活動に参加しました。

9月21日から30日までの期間において「秋の全国交通安全運動」が実施されております。

 

初日である21日に、長野市赤川交差点にて街頭啓発活動が実施され弊社からは4名参加しました。

 

s-P9210095

(出陣式の様子)

 

s-P9210097

(啓発のぼり旗を持つ、工務本部宇佐美くん、大久保くん、花岡くん)

 

s-P9210098

(道路沿いにのぼり旗を持ち整列)

 

s-P9210099

(チラシ等をドライバーに配布し、交通安全を呼びかけ)

 

長野南管内では、今年に入ってから死亡事故が0件であるとの事でした。

このまま、0件で今年は終えられればと皆さんが言葉を揃えていました。

 

今後も事故件数が一層減少するべく、日頃より交通安全に心がけましょう。

 

交通安全講習に参加しました。

9月15日に、長野県安全運転管理者協会長野南支部の主催による交通安全講習が長野市川中島の北信免許センターにて開催されました。

 

弊社からは”川中島建設ヤングドライバークラブ”として5名が参加し、21日よりの”秋の全国交通安全運動”を控え、日頃の運転に際する交通安全意識の向上のため受講してきました。

 

受講内容としては、前半はシュミレーター体験による運転適性診断を行いました。

 

s-s-P9150099

(体験前に春日指導員による説明を受ける)

 

s-s-P9150101

(工務本部の兵藤くん)

 

s-s-P9150102

(手前土木本部の宇佐美くん、奥は大久保くん)

 

s-s-P9150105

(工務本部の花岡くん)

 

s-s-P9150107

(営業部の小林くん)

 

不測の飛び出しや、前方車輌の急な方向転換等による危険予測に対する適性を試されるシュミレーションを行い、後にその結果を個人別に渡されました。内容は個人で真摯に受け止め、今後の交通安全に生かしていきましょう。

診断後には春日指導員から「シュミレーターでの事故を起こした、回避したという事にこだわらず、予測不能な危険ポイントがあるという事を認識してもらう事が一番の目的である。」と総括して頂きました。

 

その後は、小山指導員から交通安全講話をしていただきました。

 

s-P9150097

(講習会場での様子)

 

講話内容は、事故は一瞬で起きてしまう事から”余命3秒の時何が出来るのか”という質問から始まり、改めて事故の怖さを教えられました。

そのうえで事故防止に関する以下のポイントを挙げていました。

 

1.見る。左右の見方を工夫(カーブミラーの見方、直視する際の注意点)

2.夜間の歩行時には、反射剤等により存在感をしめす。

3.運転時の正しい姿勢。

4.夜間はなるべくハイビームで(100m先まで視野が広がる)

5.駐車場での駐車はなるべくバックで行う。

 

今後も、より適正な運転マナーを心がけ、交通安全に留意するべく学んだひとときでした。

★第3回 県建設業協会女性部会主催現場見学会★

誰がこんなに続くと思っただろうか・・・

女性たちはますます勢力を増し・・・

 

平成29年9月5日、県建設業協会女性部会主催の第3回目となる現場見学会が行われました。

 

s-1

(長水建設会館にて開会式。今回の参加者は総勢73名!県の女性職員の方も多く参加されました。)

 

今回は、完成間近の「新県立大学三輪キャンパス建設現場」。

工期が平成29年11月30日ということで、1番忙しい中をお邪魔させていただきました。

今年の2月のブログにも書かせてもらいましたが、「けんせつ小町」が活躍する建築現場です。

 

s-2-1

 

 

2月に見させていただいた時には、鉄骨が組み上がり始めた頃で、工期まであと3ヶ月弱の今回はほぼ完成形になっているのだろうと期待していたのですが・・・。

なんとなく建物の形にはなっていたのですが、あと3ヶ月でできるの!?って感じでした。

建築ってすごいですね。これからの3ヶ月で様変わりしちゃうのですから。それだけ現場の方も大変なんですよね。

 

 

s-3

(2月の見学時。鉄骨が組み上がった頃。)

 

あれから7ヶ月・・・

 

s-4

(今回の見学時。唯一足場が解体された棟。)

 

s-5

(資材搬入の通路だったため、1番最後に建設に取り掛かった棟。「住宅地かつ周辺道路が狭いため、資材搬入に1番苦労した」とのこと。)

 

s-6

(内装施工中。まだまだ、どこが教室?という感じ。)

 

この日は、総勢260人の下請けさんが働いていて、あっちでも作業、こっちでも作業、私から見れば、誰が何をやっているのやらプチパニック!!だって、それぞれの所で、すごい細かい作業してるんですよ(;゚Д゚)

これを全部把握して、現場を仕切っているのかと思うとすごい・・・。

そんな現場でもまれて、元請け会社の大成・岡谷JVの女性技術者の伊藤さんは、ますますしっかりして立派に成長していました。

とても年下とは思えない・・・(汗)

 

s-7

(参加者からの質問が絶えませんでした・・・。)

 

「けんせつ小町の活躍によって、何か成果などありましたか。」という女性参加者の質問に対して、男性の所長さんは、「男性だけだとワーワーワーワー勢いでやってしまうことも、女性がいることで、ちょっと待てよ、と一呼吸置くことができ問題が回避できる。お互いがお互いのことを気遣いできる現場になった。」というお話をされました。

そして、女性技術者の伊藤さんは、こう話していました。

大成建設さんには、女性が働き易い職場環境を考える女性のチームがあるらしいのですが、女性が働き易い環境を作ることはもちろんのこと、今は女性が注目されている分、女性の意見が通りやすく、その力を借りて男性のために働き易い環境を整えることが大事だと。

そのことに気付いた伊藤さんは、やっぱりすごい!!

お二人の話を聞いて、男性が女性を、女性が男性を思う気持ち、やっぱりお互いを思い合う気持ちって、建設業でも大事なんだな、とつくづく思わされました。

毎回毎回学ばされる現場見学会です。

また次回をお楽しみに。さらにパワーアップしているかも(゚д゚)!

 

s-8

(パワーアップした皆さん^m^)

第2回長野県技術プレゼンテーションに参加しました。

9月5日に伊那市の長野県伊那合同庁舎会議室で、長野県主催の第2回技術プレゼンテーションが開催されました。

 

s-1

(伊那合同庁舎外観)

 

前回の第1回プレゼンテーションでは「バイオ・オーガニック工法による鹿食害対策」についてのプレゼンでした。

第2回はマンホール円型鉄蓋取替修繕工法で長野県内では川中島建設が唯一の協会員である「セイフティフラット工法」を紹介しました。

数あるマンホール円型鉄蓋取替修繕工法のうち、最も短時間で目的を達成できる工法です。

1か所の修繕は、交通規制から修繕、交通解放まで2時間を切ることを目的に工夫を重ね、実績を積み重ねてきたことをアピールしました。

アンケートでは、さらに研究を重ね、進化して欲しいと暖かいコメントもいただきました。

 

s-2

(プレゼン会場)

 

弊社では引き続き、様々な取り組みを機会あるごとに紹介していく予定です。

環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログトップ
  • 最近の記事
  • カテゴリ別に見る
  • 月別に見る
  • カレンダー
    2017年9月
    « 8月   10月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
環境にやさしい土木工事を目指した 川中島建設のブログ
コムシスホールディングス株式会社
TOSYS