ホーム > 環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログ

環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログ

今年度最後の女性部会のイベントが開かれました。

2月16日(金)松筑建設会館にて、長野県建設業協会女性部会主催の「女性のための基礎知識セミナー」が開催されました。

 

 

1

(まずは、働きがいをもって働き続けるための労働環境の講義を聞きます。)

 

 

このセミナーは、去年も同じ時期に開催され、前回のアンケートでも好評だったので、今回はバージョンアップして、ランチを挟んで1日かけて行われました。

というのも、前回は半日で行ったところ、「時間が足りない」との声が多かったのです。女性は話し出すと止まらないのよね~(^^;)

で、今回は試しに1日に。お弁当代をいただくので、もしかしたら参加者が少ないかも、と不安の声があったのですが約60名もの参加者が集まりました。

前回同様、ワールドカフェ形式で行われました。

(ワールドカフェとは、カフェにいるようなリラックスした雰囲気の中、参加者が少人数に分かれたテーブルで自由に対話を行い、ときどき他のテーブルとメンバーをシャッフルしながら話し合いを発展させていくこと。)

また、前回同様、各グループ(1グループ約8名)に1名男性の経営者が入っています。

 

 

 

2

(ワールドカフェ形式で行われたワークショップ)

 

 

今回のテーマは「職場を変えるために明日からできること」。

個人的に今1番興味があり、今すぐ取り掛かりたい!と思っているテーマでした。

建設業のいい所、魅力、今の不満、困っていること、などなど今思っていることを吐き出します。

職種は、技術者だったり、事務だったり、経営者だったりするのでいろんな意見が出ます。

例えば、「北陸の豪雪災害支援に行った作業員は、地元の人たちにすごく感謝され、行ってよかった、と。これこそが建設業のやりがいだ!」と経営者が言えば、「災害支援って自衛隊がやってるもんだと思ってた。」と事務方さん。それを聞いて「建設業界はPRが下手だ」との意見。

「やはり建設業のやりがいと言えば、「あれ(道、橋、建物)は私が作ったんだ」という達成感。」と技術者さん。事務の方は、「現場の達成感がわからない。」と言いながらも、「自分の会社が手掛けた建物や橋、道路などを見るとうれしい。」「間接的に見て感動する。」そうです。へぇ~、そんなふうに思ってくれてるんだ、とちょっと感激しました(涙) けっこう、自分の会社のことを愛してくれているのですね(^^)

パソコンが主流の現代、「昔の人はパソコンを信用していない。」という意見には笑ってしまいました。ちょっとわかる気もしますが、それだけ昔と今とでは違う、その差がでかい、いろんな人がいる世の中、ってことですよね。

こんな感じで話が広がっていきます。

もっともっと紹介したい話がいっぱいありました。

ランチを挟んだことで、いろんな人とお話ができ仲良くなれたので、なお会話がはずみ、またしても時間が足りない!?(;゚Д゚) 女はどんだけ話が好きなんだ~~

感心したのは、まだ入社したてみたいな若い子でも、ちゃんと意見があって話せること。しゃべれない人がいたら促してやって下さい、と言われたのですが、そんな必要は全くありませんでした。むしろ男性の経営者さんの方がしゃべってなかった!?

今回は、4社の経営者と従業員の方に参加していただき、パネルディスカッションも行われました。経営者の思いと従業員の思いをそれぞれ聞いて、最後に、働きやすい、働きがいのある会社かどうか従業員も経営者も会社の点数を付ける。う~~ん、難しいし、社長の手前・・・言いにくい(笑)

 

 

 

3

(パネルディスカッション。けっこう従業員の方の点数が高かった!!)

 

 

 

他社の一歩進んだ取り組み事例も紹介されました。他社の取り組みを聞くと、当社は休暇に関しては先陣を切っているな、と感じました。ありがたや~~。おもしろかった事例が「結婚記念日や家族の誕生日に特別休暇」「記念日の食事手当て」なんていうのもありましたよ。

 

最後に、ワークショップで交わした意見をもとに「職場を変えるために、明日からできそうなこと」をグループごとに発表しました。

7グループ、結局大体が同じ答えでした。

『ほめる』『あいさつ』『感謝』『笑顔』

基本的なことですよね。でもやっぱり今も昔も基本が1番!!

明日から実践しよう( `―´)ノ

 

 

 

4

(発表の様子。)

 

 

5

(グループごとに、吐き出した言葉を好きなように書き出します。)

 

 

 

おもしろい話、考えさせられる話、もっともっと伝えたい話があるのですが、長くなりましたので今回はこの辺で。

またお話する機会がありましたら、お話しますね。

 

 

 

6

(パワーいっぱいの女性部会員メンバー。この方たちとお話すると元気が出ますよ(≧▽≦))

 

 

 

 

皆さんは、何にやりがいを感じますか?

 

(文責 井浦)

三陸特資格試験に6名がチャレンジしました。

平成30年2月10日に平成29年度2月期の第三級陸上特殊無線技士(三陸特)の資格試験が長野市旭町の教育会館(ひまわり公園東隣)で実施され、今回も川中島建設から6名が受験しました。

 

 

1

(試験会場の教育会館です)

 

 

当日は、各資格、各級別に3回に分けて試験が実施され、三陸特は他の資格と合同で午前9時30分から17名の受験で行われました。

 

 

2

(会場入り口には、座席表やスケジュールが貼りだされます)

 

 

試験開始10分前から試験に関する注意があり、その後、回答用のマークシートが配られ受験番号・氏名の記入後、問題用紙も配られ試験開始となりました。

 

 

3

(試験会場模様、試験開始3分前です)

 

 

退出制限時間30分を過ぎて、試験会場を後にした皆さんは出来栄えに関して「多分合格」と笑顔で答えていました。

合否は、郵送されるとともに、3月1日の午後に日本無線協会のHPに受験番号が掲載予定です。

全員の合格を祈念しています。受験勉強ご苦労様でした。

 

 

平成29年度長野県優良技術者表彰式がありました。

2月7日(水)、長野県庁講堂において平成29年度長野県優良技術者表彰式が行われました。

川中島建設からは3人の方が受賞され、表彰式には小川社長、小出宗一さん、小出浩之さん、高橋弘充さんが出席しました。

 

1

(小川社長)

 

2

(小出宗一さん)

 

3

(小出浩之さん)

 

4

(高橋弘充さん)

 

 

優良技術者表彰を頂いた3案件の現場について、概要をご紹介します。

 

その1 ~ 小出宗一「平成27年度 県単道路防災工事(小川村尾崎)」~

 

5

 

狭い道路でのアンカー工事。品質、外観、見栄え、環境における創意工夫により、スムーズに美しく仕上げました。

私の上司でもある小出さんは、絶対「できない」と言いません。忙しくても、自分が苦労してもそれを口に出さず期限内にやり遂げます。

そして、現場代理人として一緒にがんばってくれた渋谷竜治さん。渋谷君がけっこうアイデアマンなのには、ちょっと驚かされました。

そんな2人の現場。このコンビは天下一品!なんせ「仕事がスムーズ」というのが私の印象です。

 

 

その2 ~ 小出浩之「平成27年度 防災・安全交付金(火山砂防)工事(木島平村原大沢)」 ~

 

6

 

北信濃の雪深い木島平村で見事な堰堤を造り上げました。

16ヶ月間の工期中、雪のため12月~4月までの5ヶ月間は仕事ができない中、効率の良い施工方法の提案により見事工期内に完成!!

「一緒にがんばってくれた現場代理人の片野道男さんと山嵜仁さんの手柄だ」と小出さんはおっしゃってましたよ。

私、完成した堰堤のてっぺんに立たせてもらったのですが、すごくきれいでした。お見事!!

 

 

その3 ~ 高橋弘充「国庫補助 治水ダム建設事業浅川ダム建設工事(長野市浅川)」 ~

 

7

 

何かと話題だった浅川ダム。その現場に7年もの間従事し、話題ゆえ、いろんな対応に追われながら汗水流してあの立派なダムを造り上げました。

見物人も多く、注目されながらの施工は大きなプレッシャーだったと思います。

めったに経験できない大きな現場、その経験は高橋君の財産になることでしょう。

JV工事だったので、7年ぶりに会社の作業着を着た高橋君は「浦島太郎のようだよ(^^;)」と。確かに。お疲れ様でしたm(_ _)m

 

 

お三方、また一緒にがんばっていただいた皆さま、本当におめでとうございます。そして、お疲れ様でした。

やっぱり、表彰されるのはいいですよね。せっかくがんばったのですから。

社員の皆さま、ぜひ表彰を目指しましょう!!

また他人事のように言って・・・、って思ってるでしょ。

私は、皆さんにこの喜びを味わってもらいたいのです。

確かに、表彰をいただければ入札に有利になるし、会社が助かります。

私も若い頃はひねくれていて、「会社はそう言うけど、現場は大変なんだよ!」とか、「簡単に取れるわけないじゃん、勝手なことばっかり言って」と思っていたくちです。

でも1番は、がんばったことを表彰という形で認められ世に発表されるのは、その人にとって絶対ためになると思うのです。

だから皆に取ってもらいたい。そのためには、表彰を取りたい!って思う気持ちが大事。

よく「病は気から」って言うでしょ。あれってウソじゃなく、鼻水が出て咳が出てちょっと風邪っぽいかなって時も「これは風邪じゃない」って思うとそれ以上ひどくならず、私は風邪で寝込んだことはありません。明石家さんまさんもTVで言ってました。メロンを食べると風邪は治るって思ってるからメロンのおかげで風邪をひいたことがないって(笑)だから気持ちが大事なのです。

表彰目指してがんばって、もし表彰が取れなくてもその頑張りは絶対無駄にはなりません。「悔しい」という気持ちが次の工事に反映されるはず。

――何が足りなかったのか。次は絶対取る!

「悔しい」気持ちってすごく大事だと、今本当に強く感じています。

余談ですが、自分の子どもを始め、今の子どもってゆとり教育の名残りなのか、悔しいって思わないんです。だから、試合で負けても、テストの点が悪くても、悔しくないので次の結果も同じなんです。

『悔しい』・・・これ大事です。

 

少し素直になって、表彰を目指しませんか。

現場が忙しくて・・・、現場をこなすのが精いっぱい・・・、その気持ちはよくわかります。

でも目標があるだけで先の未来は変わると思うのです。

お父さん、お母さん、奥さん、子ども達からの尊敬の眼差しをゲットしましょう(≧▽≦)

 

残念ながら若い人たちには、今言っていることはまだわからないかもしれません。私も年を重ねて、いろんな人に出会って、いろんなことを経験してすごく考え方が変わり、いろんなことを素直に受け止められるようになりました。きっと若い子たちにもわかる時が来るはずです。このおばちゃんが言ってたことを。だから、若い人たちはとにかく仕事を辞めないでください。まだこの仕事の楽しさをわかっていません。まだ、この仕事は自分には向いていない、と判断しないでください。私も20年働いてやっと、この仕事向いてるかも、と思い始めたとこなのですから。

 

大事な、かわいい(失礼m(_ _)m)社員の皆さまへのメッセージです。

このブログを読んでくれるかくれないかはわかりませんが、皆さまの活躍をひそかにお祈りしています。

 

(文責 井浦)

 

 

 

8

(記念撮影。最前列右から小川社長、小出宗一さん、小出浩之さん、高橋弘充さん)

島根県浜田市にてDKボンド工法による施工をしています。

2月5日より、弊社作業員4名が、島根県浜田市にて、

DKボンド工法による工事をしています。

今回は、事務局である岡山県の第二建設様が、地元業者様より請負った案件を御手伝いに、伺っています。

2月5日は、1日掛けて長野より移動しました。

雪国から雪国への移動でした。

DSC_0003

(島根県内の国道9号線より望む。中央がJR山陰本線)

 

 

P2060146

(島根県内より日本海を望む。)

 

北陸地方では記録的な大雪によりご苦労している中、山陰地方は雪は多いですが交通は何とか機能していました。

 

2月6日に現地にて、施工開始となりました。

 

1517887258582

道路上部の巨石をDKボンドモルタルにより、接着一体化する工事です。

 

写真正面のオーバーハング部に、DKボンドモルタルを充填します。

 

これより、約3週間強の工程を予定しています。

 

作業員は安全最優先による作業の元、より良い品質での施工を心がけ、工事を進めています。

 

 

DKボンド工法によるお問合せは弊社 営業部 小林まで、御気軽にご連絡願います。

近所のお不動さんにお参りしました。

平成30年2月3日は近所の南条お不動さんの節分会でしたので、お札を頂き神酒の奉献をして今年の商売繁盛と安全祈願を行ってきました。

ご近所の人だけでなく遠方から車で来られる方もいて、結構賑わっていました。

 

1

(成田山から分けて頂いたお不動さんだそうです)

 

お堂の前では、近所の奉賛会の方々による、厄除けだるまや焼き芋の販売・甘酒の振る舞いがありました。

 

2

(焼きいも2本で500円は安い→買いました)

 

3

(福引とだるまの販売)

 

神頼みだけでなく現場管理をしっかり行い危険の芽を摘み作業安全を実現しましょう。

 

 

環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログトップ
  • 最近の記事
  • カテゴリ別に見る
  • 月別に見る
  • カレンダー
    2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
環境にやさしい土木工事を目指した 川中島建設のブログ
コムシスホールディングス株式会社
TOSYS