ホーム > 環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログ

環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログ

長野工業高校生の職場体験学習

8月1~3日の間、長野工業高校生2年生1名、1年生2名の職場体験学習を実施しました。建設業を目指して学習している生徒が肌で感じてもらえる絶好の機会となりました。

初日は、長野県建設業協会で作成したDVDを鑑賞し、建設業の幅広い社会的使命を感じてもらい、また入社間もない技術者の活躍を知ることで、自分たちのこれからの近い将来を想像してもらいました。

その後、先輩の活躍している実際の弊社稼働現場に行って、人(職人さん)を介して構造物を仕上げていく様子を見学。

 

1

(溝の中では、基礎コンクリートを敷き均していた)

 

2

(掲示板の前では、KY活動の記録を先輩から説明を受けた)

 

 

木島平村で施工している護岸工事の現場では、「工事の目的に沿って、どのように運営していくかは現場代理人の手腕にかかっている」と現場経験の大切さや取り組む姿勢など説明を受けました。

 

3

(作る構造物の目的は一緒だが、どのように作るかは技術者次第!と技術者の醍醐味を強調)

 

4

(みんなで記念のカメラに収まる)

 

 

あいにく現場作業は工程の切れ目で、見ることが出来なかったが、約15mの鋼矢板を打ち込み止水するスケールの大きな現場と地中の見えないところで流木が出て苦労したことなど、予想しない現象に対応しながら工事を進めていく技術者の醍醐味を感じることが出来ました。

2日目は、弊社駐車場を現場に見立て、測量の実習を行った。誤差3㎜に挑んで先輩の見守る中で測量を開始。

 

 

5

(機械の据え付け方から指導の声がかかり緊張の測量がスタート)

 

6

(測量結果を確認し記入の仕方も学ぶ)

 

4つの測量ポイントで閉合誤差3㎜に挑戦する事4時間。それぞれ5回の挑戦で3㎜、1㎜に閉合。暑い時間が過ぎた。この後、光波測距儀で駐車ラインの変化点を測量し座標計算となった。

 

7

8

 

場所を室内に写し座標計算を行い、CADで図化。まだ授業では受講していないが、操作の仕方を先輩から習うと、すぐに慣れ、各測点の点間距離は実測と5㎜程度の差に収まった。(すばらしい!!!)

 

9

(慣れないCADへも挑戦。測量の基本を学んだ)

 

最終日は、今回の現場実習でつかんだものを自分なりに原稿にまとめ、各自発表した。

・何回も挑戦して測量誤差を3㎜以内にすることが出来たが、測量に自信が持てた。

・楽しく仕事をする、ことの大切さを学んだ。

・働く作業員の方と意思疎通を図ることの大切さを学んだ。

・建設業で働くやりがいを感じることが出来た。

・これからの高校生活に今回の体験を生かしていきたい。

など、前向きな感想が聞かれ、受け入れた私どももこのような機会を通じて、この世界(建設業)に一人でも多くの青年が入職してくれることに期待したい。また、このような機会を与えていただいたことに感謝したい。

                          (小椋公一)

現場見学会を実施しました。

平成29年8月1日、川中島建設施工の「木島護岸その2工事」の工事現場において、下高井農林高校グリーンデザイン科の3年生8名と引率教員2名を招いて、現場見学会を実施しました。

現場見学会は、①河川工事等安全・安心な社会づくりを目的とした公共事業の必要性、重要性を理解してもらう ②建設技術や建設業のものをつくる仕事に興味を持ってもらい、将来の進路選択の参考にしてもらう ③建設業の可能性や面白さを知ってもらい、将来の若手技術者の育成や担い手確保の一助とする 事を目的に開催しました。

現場では、工事概要の説明の後、法面護岸工他の施工状況を見学、現場体験として、UAVによる測量技術の紹介、TS(トータルステーション)等測量機器の取り扱いを体験しました。

 

1

(UAVを使って土量を計測、処理結果は現場事務所にて説明)

 

2

(測量機器を使って測量体験、指導は弊社新入社員3名)

 

現場体験後は、現場事務所にて、千曲川治水の歴史、川中島建設の女性・若者支援策概要、UAVデータの解析結果を清水次長、大方課長補佐から説明、最後に本年度新入社員の近況報告、意見交換を実施しました。

 

3

(事務所での説明、意見交換模様)

 

4

(大久保社員からの近況報告、続いて花岡、宇佐見社員も近況報告)

 

高校生は、盆明けには進路決定を時期のため、3名の近況報告は特に興味を持って聞いていたようです。

川中島建設では、今後も引き続き高校生の進路選択に少しでもお役に立てるようこのような取り組みを積極的に実施していきます。

最後にUAVを使った集合写真を記念に掲載します。

 

5

 

地域の夏祭りに協力しました。

平成29年7月29日から30日は篠ノ井地区の夏祭りです。

雨が今にも降りそうなあいにくの天気の中でしたが、初日の7月29日は子供中心のイベントが行われました。

地区内を練り歩く中、川中島建設には芝沢地区の子供獅子が訪れ、休憩の後、元気よく獅子舞を披露しました。

 

1

(駐車場での子供獅子舞)

 

その後、篠ノ井駅前通りに篠ノ井各地区の子供みこし19基が集まり、夕方まで「ワッショイ ワッショイ」と子供パワーを発揮しみこしを担ぎました。その際、川中島建設は長野商工会議所篠ノ井支所税務金融委員会メンバーの一員として交通安全協会の皆様と共にみこしの誘導・安全管理を担当し、事故なく行事を終了することに協力しました。

 

2

(駅前通りでの子供みこし)

 

二日目の天気も回復し、大獅子が地区内を練り歩きました。川中島建設前では、休憩の後、子供たちへのごく撒き、勇壮な獅子舞を披露しました。

 

3

(ごく撒きに群がる子供たち)

 

4

(勇壮な大獅子舞)

 

川中島建設では、引き続き地域の企業として各種地域イベントに協力していきます。

 

浅川ダムが竣工式

県と浅川改修期成同盟会(会長:加藤久雄長野市長)は7月24日、この春に完成した浅川ダムの竣工式・祝賀会を開催しました。

発注機関や施工者(大林組、守谷商会、川中島建設)が出席したほか、国会議員や県会議員、地元自治会など多数の来賓が参加し、くす玉やテープカットなどで盛大に行われました。

参加者は長野市街地が一望できる堤体上部からバルーンを放ち、ダムの完成を祝いました。

阿部知事は「市街化が著しい長野市において治水ダムが必要だと判断した」とダム建設に至るまでの経緯を振り返り、「難工事が重なったものの安全かつ丁寧な施工によって見事に仕上がった」と喜びを伝えていました。

加藤市長は「全国でも珍しい穴あきダム。地元が元気になるよう新たな観光の拠点として活用していきたい」と述べ、式は盛大に終える事ができました。

 

図1

阿部県知事式辞

 

図2

加藤市長式辞

 

図3

くす玉開披

 

図4

祝賀会模様(小川社長)

 

RIMG8831

バルーンを持って堤体上部へ(右側より小川社長、小椋常務、吉兼常務)

 

RIMG8832

バルーンを上空へ放つ瞬間(奥 小川社長、手前 小椋常務)

 

男女共同参画サミットに参加しました ~感想編~

平成29年7月22日、長野市地域女性ネットワーク主催の「男女共同参画サミット」に参加してきました。

 

わが社の「女性・若者・社員が働きやすい職場づくりの取り組み」について、プレゼンしてきたわけですが・・・。

 

プレゼン、しかもパワーポイントを使っての発表なんて初めてのことで、私には荷が重すぎる(>_<)

寺澤顧問の手ほどきを受けて、何日か練習をしたのですが。

長野市長もいる・・・

1段上のステージに上がっての発表・・・

緊張はマックス、声を震わせながらの何とも情けない発表になってしまいました(T_T)

寺澤先生ごめんなさいm(_ _)m

 

内容は素晴らしく、当社のホームページ(「若者、女性、社員が働き易い職場作りの取り組み」参照。)にもある通り、若者や女性、高齢者が働きやすい環境づくりのための施策「次世代育成支援対策法に基づく行動計画」の説明、長野県から認証を受けた「社員の子育て応援宣言」「職場いきいきアドバンスカンパニー」のこと、社員一人一人が健康で働くことを目的とした「健康づくりチャレンジ宣言」のこと、現場のトイレ環境、iコンストラクションの取り組み、ライブカメラ、ドローンのことを話してきました。

この素晴らしい取り組み、私のつたない説明で伝わったでしょうか??

 

で、こんな質問がありました。

――「育児休暇、子の看護休暇や有給休暇の取得推進、ノー残業デーの説明がありましたが、男性の皆さんはそういう制度を利用されていますか?」

 

男性の皆さん、どうですか?

今の時代、男性が育児に協力するのは当たり前のようで、学校の授業参観や行事にもお父さんの姿がたくさんあります。

また、奥さんが働いている家庭も多いですよね。となると、子供の急病の時なんかは、奥さんだって休みを取るのは大変で、旦那さんに休みを取ってもらったらすご~く助かると思いますよ。

輪をかけて、長野県建設業協会で「プレミアムサタデー」の取り組みを始めたのを知ってますか?

第2土曜日を全現場お休みにしようというのです。お休みにして、家族との時間や自分の時間を作ってリフレッシュしましょう!と。

(ついでに宣伝です!長野県建設業協会のHPで「長建ヤングマン」のサイトが始まりました。協会青年部ががんばって建設業の魅力を発信しています(^^♪ ぜひサイトを覗いて見てください(^_-)-☆)

というわけで、皆さんお休みしましょう!!

現場が忙しかったり、下請けさんのこともあるのでお休みにするのは難しいかもしれません。

でも、体が疲れていると失敗が多くなったり、いいアイデアが浮かばなかったり、あまりいいことありませんよ。

それに、趣味とかデートとか畑仕事(?)とか、たまには好きなこともしないとね(^^)

 

サミットでは、当社のほかに2団体の発表があり、自由討議の時間もありました。

1番印象に残っているのは、『女性がこうやって活躍できるのは、男性の包容力のおかげ』というお話。

そう。私もそう思うのです。

「日本=亭主関白」だった時代から「男女平等」の時代に変わりつつある今、どっちの考えも混在していて、女性が活躍したり、新しいことをするのを面白くないと思っている人がいるのは確かなこと。

それを女性にやらせてくれる、しかも力を貸してくれる、協力してくれる。この男性の包容力が、女性活躍に強力な味方となるのです。

そこに成功があるのです。

女性の力だけでは成功はありません。

ありがとう!男性の皆さま!!

 

わが社も同様です。女性の意見をちゃんと聞いてくれたり、有給休暇を快く取らせてくれたり、働きやすいこんな制度まで整えてくれているのですから。

感謝、感謝、感謝です。

 

だから、男性の皆さんもお休みを取ってリフレッシュして、楽しくお仕事しましょ♪

 

 

 

環境にやさしい土木工事を目指した川中島建設のブログトップ
  • 最近の記事
  • カテゴリ別に見る
  • 月別に見る
  • カレンダー
    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
環境にやさしい土木工事を目指した 川中島建設のブログ
コムシスホールディングス株式会社
TOSYS